education_blog_from_outside 海外から発信する変態ブログ(ネイティヴが本当に使う英会話ブログ主)

目下ニュージーランドに永住。ネイティブが本当に使う英語,ワーキングワリデー, 語学留学,海外就職、就労ビザ、New Zealand, Australia 永住権、海外不動産投資、海外飲食系のビジネスなどを自分で全て経験した実績があります。 将来的に自分は何がしたいのかそしてこの世界に対して何が出来るのかなどを模索中。 *このブログは芸能人や著名人のように沢山シェアされるというよりも、例え数少なくともこのコンテンツで強く響き、読書のためになればそれに尽きると思いますし、そういう同じ価値観の人を探しています。

ネイティブ英語圏の若い人はSickをめちゃめちゃ良い意味で使う!?

今回はSickという表現について学校では習わなかったもう一つの意味を紹介したいと思います!

 

 

Sickといえば、風邪をひいたり、病気をした時に使う表現ですよね?ただ、この言葉には若いネイティヴの人たちが全く違った意味で使っているのです!

 

Sickは、かっこいい!すげえ!最高!という意味があります!

 

最近では例えば、Instagramでかっこいい写真を見つけた時に、若い人達がコメント欄に、Sick!!なんて感じで見かけます!この言葉はいわゆる若者が使う英語で、お年寄りなどは使わないようです。

 

なんとか日本語でピンと来るイメージをもってほしいのですが、日本語でいうと、、「病的」にという感じでしょうか?病的にかっこいい!素晴らしい!みたいな誇張表現で使っているようです。

メールでのやりとりの場合Sickだけではどっちの意味で使っているのがはっきりさせるために、sick!!!! super cool!!!のようにビックリマークをつけたり、後ろに明確にさせる表現を加えましょう!

風邪を引いたときには I’m sick, sorry I can’t go tonight.のように同じく因果関係もきちんと説明しましょう。Im sickと言えば大抵、風邪をひいたときに使うのでネイティヴも通常の意味で解釈します。

一応スラング英語なのでフォーマルな場所では控えましょう。時、場所、人、立場、タイミングなどをわきまえるのは日本語、英語全く同じですね!

最後にこの記事が少しでも「へぇー」と思いましたら下をポチっと宜しくお願いします!(僕にお金は一切入りませんがBLOGアクセスランキングに反映されます。是非ご協力宜しくお願い致します!! 

おかげさまで今月のブログ訪問者3500人を突破しました!ありがとうございます!


英語ランキング

 

 

日本と海外で一番違うことはズバリこれ。Culture Difference between in Japan and overseas !

ENGLISH AND 日本語訳付BLOG)↓↓

Today I am going to write about “culture differences” in Japan !

As you probably know, Japan is a society that values politeness, harmony and teamwork.

That’s wonderful culture which is why Japanese people are really helpful, kind and respect to others.

今日は文化の違いについて書きます。日本は礼儀、調和、チームワークを重んじる国というのは言わなくてもわかると思います。世界的に見てもとてもユニークなので日本人がいかに親切で律儀で人に対して敬意を抱いている人種かが、この文化的背景でわかると思います。

On the other hand, a majority of Japanese (except for expatriate) people even do not realize how they are. Sometimes it’s too much kindness, common sense, teamwork and it’s beyond the standard. But we (Japanese) hardly realize about our society and culture as they can not measure their standard internationally. (understanding the standard throughout books or internet actually does not actually help their awareness until experience themselves.)

逆に日本に居る日本人のほとんどは日本人の特徴、彼ら自身の特性を頭では理解しているとは思いますが世界的な位置づけでどのレベルにいるかは気づいていないと思います。時々そのレベルがあまりに行き過ぎていることさえ気づけません。親切、常識、思いやり、チームワーク、個人主義…などなどのレベル。でもそれはぶっちゃけて言うと、気づく手段がないからです。日本が素晴らしい国には間違えはないですがどれだけ素晴らしいかを説明してもその素晴らしさを実感するにはある程度客観的思考と経験がないと理解できないからです。(具体的には海外に住む、旅行などを肌で経験しないといけないということです)

For example I am typing this blog at cafe right now..  A man and a lady next me are talking about their motivation at work. He seems her boss and apparently she almost cry for unknown reason.

As far as I am listening their conversation, her sales was not enough compare to last month or something which I do not care at all but it’s interesting to hear in order to somehow understand the Japanese work culture ,people’s perception towards work and work environment..

例えば今僕はこのブログをカフェで書いている。男(上司?)と女の人が僕の隣に座っている。仕事のモチベーションの話をしている。彼女はなんだか泣きそうでいる。聞いていると、どうやら彼女のセールスが先月より落ち込んでいるようだ。そんなことは僕にとって全く関係なく、興味もないけど仕方なく日本の文化の一部や人々の考え方などを少しでも理解するために耳を傾けた。

Well, I do not want to write down about their conversation but it was super stupid and meaningless contents especially his advice to her (such as a number is the truth which is shown your effort throughout your sales and promotion… blah blah,,)

Anyway, whatever the conversation they talk, it takes more than an hour (still talking..) This is reality of Japan; talking about their work at cafe over hour (probably their break-time or day off )

What a waste of time..  Most of salary man (office worker) do not go home straightaway after finished work. They straightaway go to IZAKAYA and drink an alcohol with their peer, talk about their work or whatever. Some people drink too much and vomit at train station, some people shout loudly in public, some people need to experience the night life, even if women.. It seems that Japan has many options after finished work whereas many countries in the world does not have the options. It’s quite simple in a way.

It can be true that safeness is a major concern when it comes to spending time at night (after work) in oversea but they usually go home straightaway. There is not many option like Japan. On weekend, they probably go for drink for sure but that’s not as same as IZAKAYA drinking culture in Japan. And the biggest difference between in Japan and oversea is that there is so limited vacation system in Japan. People need to consider to their peer and need to adjust their holiday. Sometimes they prioritize a company’s profit and project and hardly take a long holiday.(need to separate a period of the time). This seldom happens in oversea (as far as my experience and knowledge from my friend). As long as your holiday plan is in advance and notify to your boss, most company generally will accept it in oversea.

正直言って彼らの会話はくだらなかったし、ほとんど意味(特に彼のアドバイスは)を持っていなかった。彼は彼女に、「数字は嘘をつかない、だから君の努力を示してるんだよ、セールスやプロモーションのね…だから…」とにかく内容がどうであれこれが日本の社会だと思う。一時間以上もカフェで仕事の話をする。同じようにサラリーマンの多くは家に帰らず、頻度に違いはあれど同僚と居酒屋に行く選択を取るはずです。そして色んなことを話し合う。時には飲み過ぎて駅のホームで嗚咽して迷惑をかける。大声を出す。キャバクラにいく、風俗にいく、或いはホストにいく、合コンにいく、漫画喫茶にいく。学生ならファミレス、カラオケ、クラブ…等々。

日本には仕事後にも選択肢がとても多い。それは一部の先進国を除く多くの外国ではほとんど見られないことだと思います。海外はとてもシンプルです。安全面も関わると思いますが、仕事をして家に帰ります。週末は友達と飲みにいくのはありますが、それは日本でいう同僚と居酒屋にいくのとは違ったカテゴリーです。そして休暇になれば一年のうちに4週間休み、旅行にでたり思い切り楽しむ。休暇の取り方も自由だと思う。会社の人を気にする休暇は休暇とは言えないしそれは自分の人権を迫害していると思うくらいの価値観なはずです。そういった融通の幅は圧倒的に違います。これが日本と海外の決定的な差の一つです。会社プロジェクトや仕事の人と自分を天秤にかけるという時点で、海外ではあまり考えらないことのようです。

そんな感じで、今回は日本と海外の違いについて簡単に書きました。

最後にこの記事が少しでも「へぇー」と思いましたら下(地球の絵)をポチっと宜しくお願いします!(僕にお金は一切入りませんがBLOGアクセスランキングに反映されます。是非ご協力宜しくお願い致します!


英語ランキング

 

東京から鹿児島までヒッチハイクしてみた。そして鹿児島からフェリーで沖縄の旅!!!!

先日、日本でヒッチハイクをしました!東京から鹿児島までヒッチハイクをして、そこからフェリーで沖縄本島に行き、沖縄の那覇からマウンテンバイクを7日間レンタルして、島をおおよそ1周してきました!ということで今回は日本ではまだ文化的に馴染みのないヒッチハイクと、そのルーツについて書きたいと思います!

続きを読む

意外と知らない?ネイティブ流「ポジティブ」の使い方とは!!

今回は上級編ということで、ポジティブという表現について紹介したいと思います!おそらく皆さんが知っているポジティブとは違った意味、使い方でネイティヴは使っているのでその使い方を今回紹介したいと思います!!

皆さんの知っているPositiveは、簡単に言えば、肯定的っていう意味ですよね?ポジティブ思考とか、ポジティブマインド、ネガティブの反意語とかがおそらく一般的に知られることだと思います。でもネイティブはこれに加えていくつかの違った意味として理解しています!

 

その壱 Positive=明らかな、明確な

positiveは明確性を含む表現です。例えば「確かな情報」と言いたい時に、「positive information」と言うことができます!

 

その弐 positive= 実用的な、役に立つ

positiveには実用性、利便性を含む意味があります。例えば、「 a positive approach」と言えば実用的アプローチという意味になります。

 

 その参 I’m positive!!  絶対にそうだよ!

I’m positiveで「絶対にそうだよ」という表現になります。I’m sureでもオッケーです!

ネイティヴが良く使います!

 

いかがでしたか?特に最後の[ I’m positive]はネイティヴが使いますし、これが使えればあなたも上級者です!他にも確信度が高い時には[ for sure]や[definitely]という表現もあるので併せて使いこなせるようにしましょう!

最後にこの記事が少しでも「へぇー」と思いましたら下をポチっと宜しくお願いします!(僕にお金は一切入りませんがBLOGアクセスランキングに反映されます。是非ご協力宜しくお願い致します!

 


英語ランキング

Linkin Park,「Heavy」を日本語訳にして考える、もうこの世にはいないチェスターの心の葛藤、叫び…。

f:id:uluru-2008-koichi:20170725195818j:plain

 

今回は私が大好きなLinkin Parkのある曲を日本語歌詞にしたいと思います。

続きを読む

IELTSシリーズ!!Listeningで確実に7.0を取るコツとは!!

今回はIELTSのリスニングで確実に高得点をとるコツを紹介したいと思います!!

f:id:uluru-2008-koichi:20170723214039p:plain

続きを読む

え!トイレに行きたい時ネイティヴは数字を使って伝える!?

今回はネイティブがトイレに行きたい時に数字を使って表現するのを紹介したいと思います。

 

f:id:uluru-2008-koichi:20170723185300j:plain

 

早速ですが、ネイティブは小便のことをナンバー1と表現することがあります。

では、大の方は?

そうですね、大体予想がつくと思いますが、そう、ナンバー2です。

つまり、英語が全く苦手な人も、「I need a number 1」と言えば、それはおしっこに行きたいと表現できますし、礼儀正しいニュアンスになります。大の場合は、 「I need a number 2」です。

今回はとても短いですが、このナンバー1、2という表現は覚えておいて損はないので是非覚えましょう!!

最後にこの記事が少しでも「へぇー」と思いましたら下をポチっと宜しくお願いします!(僕にお金は一切入りませんがアクセスランキングに反映されます。ご協力宜しくお願い致します!!

 


英語ランキング